FC2ブログ

プチ爆


火星人の侵入警報がそろそろあちこちで鳴り響いてきたんで
寒さ厳しいものの、沿岸パトロールに出動してきた。



今頃は、一年で一番日の出が遅く、7時前なんで、家出るのも3時半で間に合うのはめちゃ助かる。

6月の最盛期は1時起きの1時半出発、現地到着4時前でも満員御礼で入れへんというのに・・・。





こんなクソ寒い季節に夜明け前に海辺をふらつくというのは、
ワシのような半ば頭が逝かれた釣り師と、本当に頭が逝かれて思いつめて海に来たやつらしかおらん。

案の定、月齢0日の新月、闇夜の真っ暗な夜明け前で波止に立ってるのは、ワシと逝かれた同業者2名のみ。

真っ暗なんで、まずはエギングで調査!と思い、エギバックをごそごそするも、エギバックがない・・・。


車に忘れたと思い、取りに帰るも、車にもない・・・。



エギングに来たのに、エギ忘れた・・






OH! NO!




ルアー忘れちまった・・・。





何かないか、タックルボックスをごそごそしていると、

なんと、先日のアオリイカトーナメントの参加賞でもらったエギがケースに入ってた。





DSC_0312.jpg




これで釣れたら、何かの縁。




いつもより大事に、慎重に中層以上をジャーク。






したつもりが、真っ暗なんでシモリがわからず、

開始5投でロスト・・・。






もう、エギングできません・・・・












気を取り直し、明るくなったころからヤエン開始。



明るくなって驚いた!


DSC_0316.jpg





この時期にこれだけ黒々とした火星人捕獲痕があるのは珍しい。


暗闇の中では気が付かんかったけど、至る処、捕獲痕だらけ





しかし、これだけ雰囲気があるのに

周りのエギンガーには全く当たらず、みんな首をかしげて帰っていく。


ワシのアンテナにやっと侵入警報があったのは8時頃。




400gくらいのチビ火星人やったけど、難なくヤエンが掛かり、アジを離して墨を吐いた。


「このデュエル、もらった」


















と思いきや、ギャフ入れ直前、すっぽ抜け・・・

おそらく身切れしたのやろ。

墨を吐きながら、海底へ消えてった・・・





チクソ~




アタリ少ない中で、貴重な火星人をみすみす逃してもうたぁ~・・・





アジを付け替え、ふてくされて早くも9時の時点で昼寝を始めると、

ウトウトし始めた頃に、チリチリ発生


竿で聞くと、竿先を思いっきり叩いてくる・・・




ウツボか何か食いついたと思い、強引にやり取りすると寄ってくる。


水面近くまで寄せ、何かわかりそうなところで、フットばれた。

返っていく魚体は一瞬ギラっとした細長い物体やったんで太刀魚やったんかな???

アジはカッターナイフで切られたようで鋭い歯先のやつが犯人。



もう一回食いつかないか、バラした場所に同じ味を放り込み、待つこと1分。



待望の再度のアタリ。
で先ほどの太刀魚と思いきや、


竿で聞いてみると、思い出したかのようにジャリーンジャリーンと逆ストローク発生。





このアタリは間違いなく火星人。

太刀魚が火星人に入れ替わったみたい。




しかも結構ナイスサイズ。



DSC_0314[1]

あと5gで1キロジャストの♂。







実はそれから、1時間に1回くらいの割合で、ワシに昼寝をさせさない程度に

忘れたころにアタリ発生


DSC_0317.jpg



490gの食べごろサイズ。






DSC_0318.jpg

ちょっとサイズアップして685g。




DSC_0320[1]


90メートルくらい、沖まで引っ張っていって、
ラインのスプールが空近くになってヒヤヒヤしながら寄せてきた。

最後はごみのように寄ってきた735g。



そろそろ帰ろうかと、片付け始めた頃に最後の着信。

明らかに小型やったんで、
大アワセと同時に空を飛んでもらい、ジャンプランディング。

こいつは興奮しながら、墨を空にまき散らしながらオートランディングやtった。


DSC_0321.jpg


未計測やけど、たぶん400g位。














ということで、意外や意外、

ふたを開けてみると
6打数5安打の猛打賞でした。








DSC_0322.jpg


エギング中心にやろうと思って、アジ10匹しか買わんだけど、

どのうち6アタリ。




今年の中で一番のアタリ率やった。











で、帰り、思うところがあったんで、2杯だけ近所に分けて、
残る3杯は全て持ち帰り、新しい調理法にチャレンジすることに。




一度、夏場にチャレンジして、ハエが沸いた「みりん干し」に再度リベンジすることにした。


醤油2、酒1、みりん1、砂糖1の割合に、塩を少々を混ぜ、
つけ汁が完成したら、イカとつけ汁をビニール袋に入れて冷蔵庫に4時間放置。

DSC_0323.jpg

これでも重量2キロでずっしり・・・。





冷蔵庫で4時間放置した姿がこちら。

DSC_0324.jpg





イカは漬かりやすいんで、2~3時間程度でいいらしい。


が、アオリイカは身厚なんで、ちょっと長めに放置。



この時点ですでに、旨そうなかぐわしいフレグランスを醸し出している・・・。






で、これを一晩で味を濃縮させ、酒や白飯を止まらなくさせる物体に変身させる魔法のBOXに格納。


DSC_0325.jpg


あかん、匂いだけですでにめちゃ美味そうや・・・


一段目にエンペラー、
二段目にゲソ
三段目に身を並べてみた。


以前は、しっかりとしたBOXが無く、真夏の暑い時期に生ものを天日干ししたせいで、
見たこともないような大型の銀蠅(銀蠅なんか久しぶりに見てたわ・・・)
がどこからともな寄ってきて、
夕方には大量の銀蠅エッグが産み付けられてしまって、大いにショックを受けた・・・


今回は冬場だし、夜に干せば虫は来にくいとの情報から、夕方から始めてみた。





で、これで明日の朝には、BOX内では確変イリュージョンが起こってるはず。


DSC_0327.jpg






ということなんで、明日は昼から年休もらって、イカを焼くかな!?





スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

平成24年12月27日より
プロフィール

伊賀もん

Author:伊賀もん
アオリイカ釣り、魚釣り、酒、マラソン、モータースポーツが大好き。
平日より休日が忙しい日々です。
アオリイカのエギングは1997年から、ヤエンは2008年から。
マラソンは2011年秋から始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5901位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
693位
アクセスランキングを見る>>
「ポチッ!」と押せばあなたも大漁↓↓↓

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
三重県-尾鷲
提供:釣り情報フィッシングラボ
このページのトップへ