曽爾高原へ

ここんとこ、ブログをおサボりしてました・・・。

つうか、ブログ書く暇もあんまりないくらい、忙しかった

ほとんど身内しか見てないだろうこのブログの読者様のため、近況報告です。(・・・つうか、口で話したほうが早いやろ


【先週】


先週の天気が良かった日は、気分転換のためにチャリにて曽爾高原まで。

途中、いつもの青蓮寺ダムを抜け、落ち葉狩りで香落渓へ。



DSC_0008_convert_20141109084841.jpg

(天狗岩)
色づき始めてはいるものの、ちょっと紅葉には早いかな。

DSC_0009_convert_20141109084901.jpg

(天狗岩別アングル)
天狗伝説の通り、てっぺんの岩陰には天狗らしき人影が・・・なわけないか



DSC_0005_convert_20141109084809.jpg
(小太郎岩)
今度は横に広がる壮大な岸壁。

岩の中を縫うように道が曽爾までつながっている。

この渓谷は、 斧で 断ち割ったような柱状節理の岩壁が、川に沿って8km余り続く。
車の往来も少ない方で、傾斜もなく、チャリ散策にはうってつけのコースやな。


県道からわき道にそれ、一路曽爾高原へ。
曽爾高原といえばススキ。

今のシーズンは夕暮れのススキを目当てにした観光客で大渋滞・・・。
道路も一方通行にしており、全く動かない渋滞が1キロくらいつづいていた。

結構急な傾斜を後続のバイクに煽られながらすり抜け、頂上まで悶えながらやっと走破。
高度849メートルの高原入り口に到着。
DSC_0003_convert_20141109084700.jpg

距離:片道24.3キロ
走行時間:1時間46分

曽爾高原入口までの県道はめちゃ走りやすい道なんで、次回は曽爾を通り過ぎて御杖村まわりで旧三杉抜けて帰ってくるのもありやな。





【今週】

久しぶりの東京出張。

早朝の会議なんで上司と前泊。

予想通りしこたま飲んで、当日の会議は二日酔いで軽い頭痛で迎えた。

DSC_0014_convert_20141109085454.jpg

泊まったホテルが日本橋やったんで、早朝一人で散歩。

DSC_0012_convert_20141109084931.jpg

5海道の始点の日本橋は、縁起のいいポイント(・・・と勝手に決めつけている)

DSC_0013_convert_20141109085433.jpg

「麒麟の翼」もワシにとってはパワースポット。
あの映画もおもろかったな・・・



無事会議も終了し、自分へのご褒美として
DSC_0015_convert_20141109085546.jpg

赤坂のここに行き、


DSC_0019_convert_20141109085523.jpg

頑張った自分へのご褒美としてコイツを買ってあげた。

嫁さんの「最近毎週自分にご褒美あげてるね・・・」はおいといて、次のご褒美はこれに合うペダルを買わないかんな



来週の鈴鹿までにご褒美を買わなければ・・・




スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

今週末辺りは、だいぶ紅葉も進みそうですね。あの辺りの山々は、切り立ってたり丸みがあったりで独特な雰囲気ありますよね♪( ´▽`)

最近は、自転車の魔界に引きずり込まれる方が多いようですね😁

今週末は、天候もレース日和やないでしょうか…楽しんで来て下さい!!

Re: タイトルなし

11月末までが見ごろでしょうかv-219
車の往来が少なく、安全第一なのが一番走りやすいですわv-290

釣りブログながら、最近はチャリブログと化してます・・・
今は時間と金があったら、チャリにつぎ込んでしまうチャリジャンキーになってきましたv-356

平成24年12月27日より
プロフィール

伊賀もん

Author:伊賀もん
アオリイカ釣り、魚釣り、酒、マラソン、モータースポーツが大好き。
平日より休日が忙しい日々です。
アオリイカのエギングは1997年から、ヤエンは2008年から。
マラソンは2011年秋から始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10007位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1088位
アクセスランキングを見る>>
「ポチッ!」と押せばあなたも大漁↓↓↓

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
三重県-尾鷲
提供:釣り情報フィッシングラボ
このページのトップへ