サイクルコンピュータ購入・・・そして・・・

自転車乗りとして、自分のモチベーションを上げるために、必要な道具。

サイクルコンピュータ。

いわば、自転車のスピードメーターみたいなもの。

現在速度のみ測る最も安価なものもあれば、平均速度や現在気温、現在の傾斜度を測るもの、「ケイデンス」といってペダルの1分間当たりの回転速度を測ったり、心肺機能を図れるもの、GPS機能で走行地図が確認できるものまで、ピンきり。



安価なものは実勢価格で3000円くらいから、高価なものは諭吉が5人くらい家出するものまである。


初心者ほど、ケイデンスを90(1分間にペダルを90回転)に保ちながら傾斜に合わせてギアチェンジをし、常に一定の負荷をかけ続けることが大切なので、ケイデンスセンサーが必要。

また、自身の心肺機能を客観的に把握するため、現在の負荷が自分にどれくらいのダメージを与えているのかを数値として教えてくれるのがハートレートセンサー。


スマホのアプリ、「Runtastic」でGPS操作により、平均速度や走行時間、最大傾斜、消費カロリーなどは計測できるので、最初は速度計だけでいいかな・・・と思ったものの、正しい漕ぎ方と、自分の体調を把握しながら自転車を乗りたかったので、両方叶えられる一番安価な「CAT EYE」製のCC-RD430DWをアマゾンでポチットと購入。

アマゾンでも1万2千円もするワシにとっては結構高価な代物・・・


早速、土曜日に取りつけ、山登りにGO

DSC_0019_convert_20141019201854.jpg


ハートレートもしっかり反応し、平坦な道ではアベレージ120~150をキープ。

AT値と呼ばれる、乳酸と呼ばれる疲労物質が筋肉にたまりだす値(自身の最大心拍の8割の値)を超えないように意識して漕ぎ続ける。

土曜日の最大心拍が1分間で181やったんで、ワシのAT値は146くらいかな。

たしかに、145を超えた状態が続くと、5分ももたずにスローダウン・・・

望ましいケイデンス値(90)も最大傾斜時には50を切る状態で、歩く速度(5キロくらい)と同じ程度。
フルマラソンも走りきったし、持久力には人並みのパワーがあると思ってたんやけどなぁ・・・


でも、青山高原の山頂(約800メートル)まで、初めて自力で上りきったときには感無量。

DSC_0018_convert_20141019201833.jpg

サイクルコンピュータをつけてることで、自分の体調や体力が数字として表れるんで、新鮮




帰りは、ほとんど下りなんでほとんどをブレーキかけながらダウンヒル。

青山高原は未だにセンターラインにキャッツアイやカーブ前の減速注意喚起にゼブラマークがあるため、衝撃を抑えながら慎重に下る。

DSC_0015_convert_20141019201737.jpg
(ピンボケご容赦)


流石はロードバイク。
下りが続くときには、漕がなくてもサイクルコンピュータの速度計は50キロ超を差し、注意しないと前に車に追突しそう・・・。




と、思ってた時に、「カランカランカラ~ン・・・」
と言う音。

「う~ん、何か踏んだかな?」と意に介してなかったけど、数秒後、蒼白・・・。





サイクルコンピュータが・・・無い・・・



OH! NO!


こんなに簡単に外れるもんかよ~
さっきの音は、サイクルコンピュータが落ちた音やったんやな・・・。

チクソー、落ちた衝撃で壊れてなかったらええけど・・。




と、道路に落ちただろう付近まで拾いに戻る。






すぐに見つかると思いきや、以外にもこれが見つからない・・・


1時間近く、反対車線の路肩外も探したものの、全く見つからない

DSC_0022_convert_20141019202052.jpg

落ちたポイント。

簡単に見つかりそうなんやけど・・・。



もしかして、左の水路(水がかなりの勢いで流れている)に落ちたかな?と思い、コンピュータと同じくらいの重さの枝を流してみる。

そうすると、勢いよく、下流まで流れていく・・・。


間違いねェ。溝に落ちて流れたに違いねぇ。


枝がどこまで流れていくかを観察して、下流まで追跡してみる。




そうすると、衝撃的な光景が。。。






DSC_0021_convert_20141019201920.jpg

水路は滝となって、人間の手のには届かない距離で大きな川となっていた・・・




この時点で、本日初装着したサイクルコンピュータは、無事自宅に帰るまでに殉職・・・・


諭吉+英雄が腕を組んで家出をしていきました。






これにはへこんだ~・・・。

ワシの自転車には、サイコンに電波を送るセンサーだけがむなしく装着されたまま。

今日一日のおさらいを反省するまでに、反省材料を失いました・・・。






しかし、こんな簡単に物を失うなんで近年になかったので、相当へこみました orz・・・

立ち直りにはちょっと時間がかかるかな・・・



















スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

チャリ格好いいですね〜(*゚▽゚*)早々の青山高原ヒルク完走、おめでとうございます‼︎

そんなもんがあるんですかぁ〜(゚o゚;;チャリパーツのデジタル化も凄いですね。

しかしシェイクダウンしたてのパーツの紛失は、痛いですねぇ…>_<…

Re: タイトルなし

行きはサイコン見ながら楽しく昇れたんで、結構あっという間でしたよ。
でも、やっぱしんどかったみたいで、笠取基地まではよう行きませんでしたわ・・・。

まさか家に帰るまでに無くしてるとは想像すらしませんでした。
こんなんなら、同じ値段でエギング用のリール買っときゃよかったかも
でも実際、これも海にドボンしてたかもねv-13
平成24年12月27日より
プロフィール

伊賀もん

Author:伊賀もん
アオリイカ釣り、魚釣り、酒、マラソン、モータースポーツが大好き。
平日より休日が忙しい日々です。
アオリイカのエギングは1997年から、ヤエンは2008年から。
マラソンは2011年秋から始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10007位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1088位
アクセスランキングを見る>>
「ポチッ!」と押せばあなたも大漁↓↓↓

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
三重県-尾鷲
提供:釣り情報フィッシングラボ
このページのトップへ