FC2ブログ

2018初釣行


今年はいろいろと忙しく、

年が明けて(・・・といっても、もう3月中旬)初めて沿岸パトロール調査に繰り出すことができた。





今シーズンも「あおりねっと」さんによる、アオリイカトーナメントにエントリー。

IMG_0400_convert_20180318062954.jpg

今回で5回目ぐらいのエントリーかな?
今年もお世話になります。







今回の場所は、今年の初釣行だけに、〇ボーだけは避けたく、マリンちゃん筏に乗ることにした。


希望する筏に乗れたものの、乗れた日はあいにく、

午後から風速7メートル、うねりを伴う波4メートルやったんで、

午前の勝負とみて短期決戦で臨むことに。





IMG_0401_convert_20180318063040.jpg

船着き場は若干風があるものの、鏡のような水面。







しかし、筏がある沖合に出てみると、うねりはすでに入っており、

数秒に1回、海全体が盛り上がるようなアップダウンがある。


筏に乗り移った時点で、若干、ふらつくような波。







「今日はちょっとヤバイかも・・・」








という予感は的中。








ヤエン用のアジを投げ込んだ開始15分。




既に、気持ちが悪い・・・






開始30分。立っていられなくなり、ヘナヘナと筏中央によって体育すわりの状態。




当然、エギングできる体力も気力も失せ、

ヤエンの生きアジの管理も全くできん・・・。




10年ぶりぐらいに筏で船酔い・・・






開始1時間で、すでにグロッキー状態

となり、体育すわりから、完全に横になることに・・・。





だましだまし、持ちこらえていたものの、ついにビッグウェーブの第1波が訪れ

不本意ながら、人生2回目の筏で逆噴射。






水分獲って、横になるものの、

30分後に再びビッグウエーブの第2波。


繝槭・繝ゥ繧、繧ェ繝ウ[1]_convert_20180318071727



盛大なマーライオン状態。

(お食事中の方、スイマセン・・・)




こうなれば、釣りも何もあったものではなく、渡船屋のオジジの船が迎えに来るまで、ゲロ地獄の状態が続く。







うねりはますます強くなり、


例えるなら、北斎の富嶽三十六景。


The_Great_Wave_off_Kanagawa[1]_convert_20180318072138


うねりはますます高くなり、

低い時は海の中に沈んで、周りの筏などは波で全く見えず、

高い時は小高い丘に登ったような見下ろし感がある。






アジの管理もできないこんな中、


ヤエン用の1本に、火星人らしいドラグチリチリ発生!!

めんどくさいというか、寄せる気力と体力がないので

5分ぐらい食わせた後、ロクに寄せもせず、ヤエン投入。





ゴンゴンと首を振るんで、魚と判断。


ウツボやったらラインが切られ、ヤエンもろとも海の藻屑となるはずが、

ドラグフルロックで巻き上げ、海面近くになっても切られない。


これは「ヒラメかも」と、グロッキーから一瞬復活!


水面からゆらゆらと上がってきた物体は、茶色!!




やった!ヒラメゲット!!






















IMG_0404_convert_20180318063103.jpg



ウツボやないか~ぁイ!!




一気にグロッキー再発・・・・









再び、「筏に伏せる人」に。









10時頃、もはやこれまで・・・


と思い、早上がりすることに。



渡船屋のオジジに迎えに来てもらうよう連絡し、残った生きアジをすべて放流。


ヤエンの竿をふらふらになりながらかたずけてると、

なんと、最後の1本には火星人が居食いしていた


逆噴射の状況から、火星人を確信!!






いつもよりは相当雑に寄せて、ヤエンをいれ、かなり強引なアワセを入れてチビ1匹ランディング。


IMG_0405_convert_20180318063127.jpg


400gくらいかな(未計測)

このサイズではちょっとエントリーできやんな・・・




10時30分。

終了。



実釣4時間。(うち、寝てた時間3時間強)






渡船費用とか、餌の生きアジ代がもったいないなんて、

もうどうでもよくなった散々な一日でした・・・







なので、私の心の中では


今回の初釣行はなかったこととして整理したいと思います。






スポンサーサイト

変なつり革

仕事帰りの通勤電車の中、

降車駅に近づいたので、立ち上がり、ふと目線を上にやると、つり革に達磨が・・・







とうとう、チビ♀の合格祈願しすぎて、幻を見るようになったか・・・





いや、「志村けん」ばりの二度見するとやっぱり、つり革に達磨が乗ってる・・・




IMG_0424_convert_20180318063147.jpg



普通のつり革の中に、なぜか、「だるま」のつり革が・・・



なぜか調べてみたら、やっぱり近鉄が仕込んでいたみたい。

幸運呼ぶつり革


<関連記事>
近鉄は12月1日から幸運を呼ぶつり革を一部に付けた電車を運行する。「合格祈願」「恋愛成就」「金運招福」の3種。来年3月まで主に大阪、京都、奈良3府県の路線を走る。
 昨年も企画した合格(77本)と恋愛(3本)に加え、新登場の金運はたった1本の「超レア」。金色の持ち手に招き猫風のだるまが付き、信貴山朝護孫子寺(奈良県平群町)で祈とうを受けた。
 つり革のある車両は約1000両で計約16万本。設置車両の窓に目印を付けるが、運行計画は非公表という。千載一遇ならぬ「千両一本」をつかめるか。



ワシの見た「合格祈願」版は77本のうちの1本やったらしく、

他に「恋愛成就」と「金運招福」があるみたいや。


恋愛成就はたった3本のみ、金運招福に至っては、1本のみの「激レア」アイテムらしい。






「つり革がある窓には目印がある」とのことで、

事実、ワシが撮った写真の窓にも目印が貼ってあった・・・。







16万本のつり革の中から、たったこれだけとは、





激レア探しで、






これからおちおち、電車で寝れやんやないか~い!




お礼参り


チビ♀ネタが続くけど

紆余曲折ありながら、なんとか希望する大学に進学することが決まった。



神様、仏様、不道明様、歴史上の偉人、達磨様・・・などなどにチビ♀の合格祈願を頼みまくったため

その報告とお礼のために、お礼参りを行ってきた。




IMG_0363_convert_20180301173123.jpg

まずは、「三人寄れば文殊の知恵」で有名な文殊さんの一人、安倍の文殊院に。

家から最も近く、今年の初詣でもお参りに行った。

ここにお参りに来るのは、深刻な顔した受験生とその親ばかり・・・。

絵馬も合格祈願ばかり。

受験界では知らない人はいない、

知恵を授ける仏さんとして、最高峰に君臨されるお寺さんなのである。

そう、それはまさに、「キングオブ知恵」の存在。







続いて、一路、京都へ。

IMG_0365_convert_20180301173138.jpg

北野天満宮。

言わずと知れた頭脳明晰で知られた「菅原道真公」を奉る。

天満宮に置かれた牛の頭をなでると、道真公にあやかれ、願いも叶うという。

道真公を奉る天満宮一つとして、近畿で、受験界の神様の中の神様。

そう、それはまさに「ゴッドオブ受験」の存在なのである。






その次はお隣の平野神社へ。

IMG_0367_convert_20180301173154.jpg

ここでは、前回お参りした際には、女優の「本庄まなみ」と共演し、助演男優賞を獲得した場所。

前回のお参りの様子はこちら



本庄まなみとの遭遇のチャンスをものして、
現場では臨機応変に対応することを改めてワシに教えていただいた場所。

そう、まさにここは「ゴッドオブチャンス」の神様。








続いて、東山界隈へ。

IMG_0368_convert_20180301173207.jpg

八坂神社。

このあたりになると、外国人観光客がめちゃめちゃ目立つ。

ほとんどの外国人は中国語やハングル語でしゃべっているため、

八坂神社は「ゴッドオブ外国語」としての存在(・・・に勝手にさせていただく)






その後は、

護国神社や、

坂本龍馬・中岡慎太郎をはじめとする維新の志士のお墓「ゴッドオブ日本史」にも合格のお礼をさせていただいた。

竜馬さんからは「よう頑張ったきに・・・」と言われた(・・・気がした)。




時間の関係で今日のところはここまでしか回れんかったけど

また改めてゆっくりお礼参りをすることにする。






その後は、自宅まで帰ってきて、近所の焼き肉屋に行き、合格祝いパーティ。


伊賀よし

最近できた焼き肉屋で、前から行ってみたかったところ。


まずは、塩タン、ミノ、盛り合わせを注文。

IMG_0360_convert_20180301173038.jpg

盛り合わせは、ロース、カルビ、ツラミなど、5種類で、3~4人前。

きちんと盛り付けて、きれいに提供してくれる。

以外に肉の一枚一枚が大きめなので、結構なボリューム。


IMG_0362_convert_20180301173107.jpg

肉と一緒に炭火の七輪が運ばれてくる。

この辺りで、ガスじゃなく、炭火で食べられるのは、この店だけだと思う。



しかも、店もきれいでスタッフも若く、元気に接客してくれて言うことない。


値段は若干高めやけど、家族の中でも、伊賀の焼き肉屋でのダントツ1位を更新。




また、ここに来れるようないい出来事があればいいな。







それにしても、ワシにとって一番嬉しかったのは、

チビ♀が意外に根性があり、3年間部活に勉強に頑張り通してやり切ったこと。


部活の吹奏楽部は3年の秋近くまであり、

仲の良い友達も受験勉強を理由にポツポツと辞めていくなか、

合宿やコンクールへの出場など、部門リーダーとして一切手を抜かずにやりきった。



その後は、文字どおり、寝る間を惜しんでの連日深夜に及ぶ受験勉強。


一生懸命やっても全然成績が付いてこず、

やっと上がり始めたのが、センター試験直前の1月中旬になってから。



試験直前になっても、志望大学の過去問をやれなかった(やっていない?)ことに一抹の不安・・・・を覚えつつ、

時間を無駄にせず、やれることは全てやった。



しかし、2月の私立の受験本番でも出来が悪かったのか、

泣きながら帰ってきた日もあった。




一通り私立の受験を終えても、出来が悪かったのを気にしてか、

3月上旬の後期試験への出願を睨んで、受験勉強をし続けていた。



結果として、運よく複数の大学から合格通知を手にすることができ、

心配事は、どこの大学に進学するかというぜいたくな悩みに変わった。



第一希望の大学に行けなかったのは、お父ちゃんの祈願不足・・・やったけど

部活も受験もここまで頑張れるとは思ってもいなかった。


だから、結果が出なくても、ここまで頑張ったことは誉めてやろうと思ってた。

わが子ながら、子供の成長を本当に感じた受験やった。





これからは少し親の手を離れて、いろんな世界へ一人で飛び出していくことになる機会が多いと思う。


いろんな人と話をして、いろんな経験をしてこれからもいっぱい成長しろよ!


父ちゃんはお前の成長をずっと見てるよ


(とは、チビ♀には恥ずかしくてとても言えない・・・)








チビの卒業式



今日はチビ♀の卒業式。

たった3年前に入学したばかりやと思ったら、もう卒業・・・


IMG_0373_convert_20180301172328.jpg


ちょうど30年前、ワシも同じ高校を卒業。

チビが入学した時は、内心、それはそれは嬉しかった



30年たっても、校歌を空で歌えるのには、嫁もびっくりというか、若干引き気味・・・



ワシは校歌の3番が大好き。

「四方を囲める山々も
 丘に登れば低く見ゆ
 我らの思い山々を
 超えて、溢れて外に出ん」

<意味:ワシが勝手に解釈>
そびえるような山々も、いざ登ってみると案外低いものである
もくもくと沸き立つワシらの大いなる大志をもって、伊賀盆地から飛び出し、世に出ていこうではないか

という歌詞が大好き。

なんで、本日も保護者イチの美声と声量で奏でてやった。







式の後は、改めて担任から一人一人に卒業証書を伝達授与。

IMG_0395_convert_20180301172352.jpg





担任、若け~の~!!

最後の授業はええことおっしゃってました。












チビ♀。卒業おめでとう!





IMG_0399_LI_convert_20180301172409.jpg


これでワシらの子育ても一旦、卒業かな・・・大学の授業料支払いを除いて



平成24年12月27日より
プロフィール

伊賀もん

Author:伊賀もん
アオリイカ釣り、魚釣り、酒、マラソン、モータースポーツが大好き。
平日より休日が忙しい日々です。
アオリイカのエギングは1997年から、ヤエンは2008年から。
マラソンは2011年秋から始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1152位
アクセスランキングを見る>>
「ポチッ!」と押せばあなたも大漁↓↓↓

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
三重県-尾鷲
提供:釣り情報フィッシングラボ
このページのトップへ