FC2ブログ

カワハギ釣り

火星人があまりにも釣れないんで、今回はチビ♂とカワハギ釣りに行ってきた。



釣れてるかどうかまたく不明なまま、

深場に行ったらなんとかなるやろ・・・

という野生の嗅覚から、尾鷲の某浮き桟橋をめざしGo!




コマセ アミエビ+そのあたりの精米機から調達した米ぬか

さしエサ アサリむき身+ボイルオキアミ

胴付仕掛けに早速、放り込むと、なんと1投目から本命GET

ジアイだと思い、写真撮ってる間も惜しかったんで、写真なし・・・。


結局、この1匹目から、数時間は、全くカワハギちゃんのアタリなし。




釣れてくるのは









コッパグレ・・・









ネンブツダイ・・・・・・・・









チャリコ・・・・・・・・・・・・









フグ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・












挙句の果ては巨大なゴンズイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










場所移動









数か所ランガンし、一番小魚のよりが良かった、某突堤先端内側。




開始早々、チビ♂が本命GET



その後、雑魚はよくかかるものの、本命は1時間に1匹くらいの割合で、捕獲成功。



DSC_0286_convert_20151018103713.jpg


結局、ウマズラ、アジもチビながら事故的に1匹づつ釣れ、お持ち帰り。



サイズ的にはキモパンに程遠く、カワハギはこれからと実感!!








アオリの方は、エギ、ヤエンの方と情報交換したものの、全く反応なしとのことでした。

まったく、今年はどうなってるんかなぁ・・・





帰りは尾鷲独自のスーパー「主婦の店」に、先日テレビで放送されてた「ガスエビ」を求めに。


この季節しかとれず、流通量も安定してなく、足も速いため、港近くしか売ってないエビだと。


何店か廻らんと見つからんかな~と思いきや、最初の店で早くもゲット。

DSC_0285_convert_20151018103646.jpg


って、大量に売ってるやんけ~





1個試しに買って、家で刺身で食べるとメチャメチャ旨い

甘エビを大きくした感じで、ねっとりとした食感。




今度も買いやな


家族にもカワハギよりもガスエビが好評やった。





カワハギは、専用のハリスで再チャレンジするかな



スポンサーサイト

ドナドナ、ド~ナ~、ド~ォ~ナ~


諸般の事情により、愛車サーフを手放すことになった。


DSC_0276_convert_20151004080042.jpg


走行距離159,800キロ

初期登録平成10年なんで、17年落ちかな・・・。

最近はほとんど乗ってなかったので、維持費を考えて泣く泣く決断することに。







DSC_0278_convert_20151004080121.jpg

下のチビ♂が生まれる前から乗ってたし、いろんな所に連れってくれたサーフ・・・。

サーフの前車で、故障で壊れるまで乗ってたホンダ アコードインスパイアは、これ以上のないお気に入りの車やったけど、

気が付けばインスパイア以上の距離に乗り、長期間頑張ってくれた。

未だに故障がないのは、悔しいけど流石、トヨタ車。

造りがしっかりしてるのは、他のメーカーでは真似できん・・・。



査定でも、トヨタ車は他社よりもやっぱエエみたいやわ。

この距離で、この年式でも、諭吉さんが小学校の一クラスくらい帰ってきた。

四駆はアジア諸国でもまだまだニーズが高いんやて。





DSC_0277_convert_20151004080104.jpg



学生時代から乗ってみたかったサーフ。


いざ、乗ってみると、サスがフワフワし過ぎて家族からは不評やったし、
二トンあるクソ重い車重で初動ブレーキが全く効かない。

燃費も、昨今のハイブリット車などどこ吹く風、街中ではリッター6キロと噴水の様にガソリンを消費した。

今となっては乗り手を選ぶ車やったんかな・・・とも思う。




最後は感謝の気持ちできれいに洗車してあげた。
中古車屋で鍵を渡すときは、なぜか感慨深かった・・・。


無事、次の嫁入り(婿入り?)を早く見つけてもらって、かわいがってもらえよ・・・・。

大事に乗ってきたし、愛着がかなりあったサーフ。

家に帰って、駐車場にサーフが無い家はなんか寂しい感じに・・・。



なんか、チビ♀を嫁に出すときもこんな感じなのかな・・・。




しんみりとした秋の一日でした。







DSC_0280_convert_20151004080142.jpg




ありがとう、俺のハイラックスサーフ。











2015 火星人沿岸パトロール第1弾

今シーズン初めての火星人侵入湾岸パトロールに行ってきた。

事前の侵入警報では、ひと月ほど前には火星人の新子がウヨウヨ・・・

とのウハウハ情報を聞いていた。


しかも、マイミクさんはこの時期にキロアップ情報を数件アップ。


こりゃ~親子ともども、丸ごと捕獲するしかないでしょう




ということで、親烏賊対策にヤエン、新子用にエギで捕獲作戦決行。



まずは紀伊長島ホームで第1投。


DSC_0271_convert_20151004075901.jpg



相変わらず、綺麗な朝焼けやな・・・

だんだん日の出が遅くなって、この日は5時45分。



DSC_0272_convert_20151004075936.jpg


今日は調査なんで、少なくとも5匹は検体をゲットしたいところ・・・。

あんまり小さいのはリリースする・・・つもりが、開始1時間たっても全くアタリなし



エギを変え、レンジを変え、アクションを変え、てくてくキャスティングやっても、全く反応なし・・・


近くのエギンガーと情報交換しても、全くアタリなく、チェイスも無い。

ヤエン用の活きアジも8匹購入してきたけど、全くおびえる様子もなく、悠々と泳ぎまわっている。

仕事しないアジに腹が立ってきて、何度が投げなおして5匹が昇天。


全くアタリもないんで、早くアジ使い切って移動したくなってきた・・・。






頑張ること、3時間・・・






侵入異常なしと判断して、活きアジごと抱えて、ポイント移動。





早くアジ使い切って、エギ1本でランガンする事に作戦変更。

一挙南下し、尾鷲の鉄板ポイントでやることに。

網干場で先行しているヤエン師情報では、昨日朝からやっていて、アタリは一度もないとのこと。


大敷用のロープが張られていたため、網干場の一番端でアジを使い切ることに。




ダメもとで二本竿でアジを泳がせてエギングに集中。

投げたばかりのアジがやたら元気が良い。

沖まで延々とチリチリ泳いでいく。

時折、止まっては、泳ぐを定期的に繰り返す・・・・




って、これ、アタリやんけ~




1投目から、いきなり火星人侵入警報



渋い中なんで、次のアタリは無いと考え、慎重にいなす。
大きさ的にはキロタリナーズではあるものの、まさしく火星人がしっかりホールドしてるまで目視。

ヤエンを慎重に入れて、送り込み、火星人の下にヤエンが到達したことを確認して、大アワセ


予想以上に竿がしなるものの、逆噴射はない。


見た目から、そんなに大型ではないと思ったけど、寄せようと思っても、寄ってこない・・・。





まさか、







根ガカリ・・・?







よく見ると、海中のケーソンから出てる針金にしっかりラインが絡まっている。

アオリはその場でもぐもぐと未だ食事中・・・。


無念のバラシ・・・


自作ヤエンも海中に奉納しました・・・。

せっかくの貴重なアタリやったのになぁ・・・







それから数分後、エギング中に、ヤエン竿に再度の着信



「もしもし、あぁ、オレ。さっきの火星人だけど・・・、さっきのアジ。旨かったよ・・・。

  でも安心してますよ。今回も釣られませんから


と言ってるように、おそらく先ほどバラした火星人。


最初は抵抗したものの、思考ができないくらいにメロメロに十分食わせると、すんなり寄ってきた。

「安心してください。釣られたかどうかも分からないくらい、ソフトランディングしてあげますから」


根ガカらないように、十分浮かせてヤエン投入。


今度こそ確実に火星人捕獲





















・・・・・と思いきや、なんと再度の根ガカリ発生・・・


十分浮かせて、目視できるまで寄せてたのに、大潮の干潮で、再度のケーソンへの接触・・・。

引っ張ったり緩めたりして、今回はヤエンを回収できたものの、アジはしっぽ近くまで食われ、ご馳走さん状態。

「今回も安心して食事出来ましたよ。またよろしく・・・




火星人も腹いっぱいになったのか、3匹目のアジには乗らなかった・・・


後で思うに、このアタリが、今日で一番火星人に近いポイントやった。



というのも、その後にランガンした、

k漁港、M浦、M里、S浦、S勝、S利、D瀬などでは、またくの無反応・・・。


ある漁港では、マイミクさんの情報どおり、

「1週間前にはキロアップの親火星人が寄ってたんやけどなぁ」

との、釣り場あるある・・・


だよね~、ワシが来ると釣れんのよね~





ある漁港では、エギングに集中していると、後ろの方でカサカサ音。


振り返ってみるとそこには・・・







DSC_0273_convert_20151004075958.jpg




巨大ネズミじゃなくて、イノシシ。

しかも70㎝くらいのウリボウ。



DSC_0274_convert_20151004080023.jpg



人に慣れてるのか、飼われてるのか?なかなか逃げん。



捕まえられるんちゃう




そ~っと竿を置き、そ~っと近寄りっても逃げないんで、ある地点から猛ダッシュ・・・。

と同時にコケテ、ひざを強打・・・

イノシシは余裕をもってスタコラ逃げていった。



何やってんだ。

大丈夫か、オレ





結局、火星人もイノシシもホゲに終わった。


ある漁港では、火星人の小学校運動会がいたるところで開催されてたんで、あと2週間もすればエギに反応しだすかな。


今年は火星人の成長が遅れてるなと感じた初パトロールでした。




平成24年12月27日より
プロフィール

伊賀もん

Author:伊賀もん
アオリイカ釣り、魚釣り、酒、マラソン、モータースポーツが大好き。
平日より休日が忙しい日々です。
アオリイカのエギングは1997年から、ヤエンは2008年から。
マラソンは2011年秋から始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1152位
アクセスランキングを見る>>
「ポチッ!」と押せばあなたも大漁↓↓↓

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
三重県-尾鷲
提供:釣り情報フィッシングラボ
このページのトップへ