FC2ブログ

やっちまった~~~( ノД`)シクシク…

対向車がパッシングしてくれてたのに・・・


IMG_1161_convert_20190715184616.jpg


50キロ制限の見通しの良い道で68キロで走行してんのはワシだけか~


諭吉一人と漱石2人が家出してった・・・




スポンサーサイト

お久しブリーフ

最近はブログの更新もままならず、

長年のファン(多くは親族か・・・)の心も離れつつあるこのブログ・・・







ワシ自身もブログの存在に忘れかけてたけど、しっかり、沿岸パトロールだけはやってた。



最近は早朝からの場所取り競争に勝てる気がせず、

午後からの夕マズメねらいでゆっくり出撃。



IMG_1137_convert_20190630094542.jpg


途中のサーフスポットはもうサーファーだらけで、既に夏という感じやけど、


大雨で潮色が誠に微妙な感じ・・・。





一抹の不安を頂きつつ、いつものマイポイントに到着すると、やはりカルーアミルク状態の泥濁り。



これじゃ、釣りにならんと、近隣の大型漁港の湾内で釣ることに。


10年ぶり位の再訪問の漁港。






たぶん、ここでもあんまり状況は変わらんやろなとおもいつつ

先行者2名に状況を聞くと、


「朝からアタリ5回


だの、


「昨日からアタリ7回で、スカリには3匹


と言いながら、まさに4匹目と格闘中の地元のオイヤン。



めっちゃ釣れてるやん・・・



地元のオイヤンに海底の状況を聞くと、

意外に根が荒く、意外にドン深の漁港らしい。


海底のホンダワラが見えてるけど、

10メートルはあるとのこと。




はやる気持ちを抑え、早速、竿出ししてると、そのうち1本に早くもアタリ




まずまずの重量感で、キロアップはありそう。


なかなか抵抗する個体やったけど、慎重にいなして、無事ランディング。



IMG_1129_convert_20190630094518.jpg


1,105gの♂。




めっちゃ、幸先ええやん











しかし、ワシが釣った火星人のあと、海況が変わったのか、その後はぱったりとアタリがなくなる。



周りのオジヤン達も15時頃には帰りだした。








16時頃、貴重なチビアオリのアタリを捉え、なんとか追加。

IMG_1128_convert_20190630094412.jpg





2アタリ2杯の微妙な釣果でした。



地元のオイヤン情報では、この漁港にはトビウオが入りだしたらしく、その影響もあるかもしれん。



専門に狙うのも面白いやろね。







春アオリ調査も残り少なくなってきたけど、あと、1回くらいは行きたいもんじゃのう。





久しぶりのハマグリング

大潮で干潮が12時のとあるGWの日、


チビ♂にねだられて潮干狩りに行ってきた。


御殿場海岸に満潮2時間前には現地に到着すりゃ十分やろ・・・と思ってたけど

なんじゃこりゃ~の大渋滞。

9時半につくも、どこも満員御礼で駐車場が空いてない




他府県ナンバーが多かったので、ここも観光地化してきたと思い、

地元民しか行きそうもない場所へ移動


ハマグリの名所にいってみて、あわよくば、ハマグリをゲットすることに。




掘り始めて、開始1分。

IMG_1014_convert_20190509220554.jpg

でかハマグリゲット!


ひと掻き目のポイントで早くも発見!


IMG_1011_convert_20190509220452.jpg

10センチのハマグリなんて見たことないぞ~。



しかし、その後が全く続かず、

ハマグリはこの一つのみ。


その他はバカガイ。

IMG_1015_convert_20190509220613.jpg

これがアベレージで、まずまずの大きさ。


IMG_1022_convert_20190509220640.jpg

住み着いてる場所は密集しており、掘れば掘るほどいくらでもゲット可能・・・。

食べられる分だけゲットし、小さいのはリリース。





IMG_1012_convert_20190509220514.jpg

肝心のアサリはこんだけ・・・


みそ汁にぶち込む程度かな・・・。






で、帰宅後早速調理。

バカガイは割れやすいので、ひとつづつきれいに洗ってやり、大鍋に水を張って沸騰させる。

IMG_1023_convert_20190509220701.jpg

口が半開きになったら、出汁が出てしまう前に取り出し、冷水で冷ましてむき身を取り出す。




IMG_1024_convert_20190509220724.jpg

バカガイはそのままでは砂がなかなか抜けないので、腸は全て取り、ベロと水管と貝柱だけ取り分ける。

このまま、酢味噌や生醤油で食べても昇天するくらい美味い。


IMG_1025_convert_20190509220752.jpg

とりあえず、2品だけ串焼きにして、あとはバカガイペペロンチーノに。




IMG_1027_convert_20190509220809.jpg

この醤油で焼いた串焼きが絶品!

串1本でビール1本開けちゃいました。



IMG_1028_convert_20190509220834.jpg

巨デカのハマグリも醤油で焼く。

結果、ちょっと焼きすぎ・・・

これも食べごたえが十分!! チキショ~!ウメ~!





IMG_1029_convert_20190509220851.jpg


となれば、バカガイペペロンチーノも期待を裏切らないうまさ。

アサリの苦みはないものの、身はすごく甘く、柔らかくてめっちゃジューシーでした。





チビ♂に無理やり連れて行かされたハマグリングやったけど、

ワシが一番満喫してた感じがありました。





こうなったら、来週も出撃するか~!!!



リベンジパトロール

GWなんで、人が激込みだろうと思い、あえて雨の日の昨日行ってきた。





現地到着は午前4時。

朝からシトシト雨で、波止にはGWというのに、誰一人いない。

闇夜に向かう中潮なんで、ほぼ真っ暗で視界なしのうえ、

満潮時刻であったのと、昨日からの2.5メートルのうねりで地鳴りのような波の打ち付け音。



ナンカチョットコワイ・・・




明るくなるまで、車で待機し、午前5時スタート。






うねりで海は濁りが入っており、切れ藻の浮遊が多く、なかなかヤエンは厳しそうな感じ。


ちょっと、いやな予感がするも、第一投。




案の定、しばらく、全くアタリなしの状態が続く。





開始1時間後、新品のアジを投げなおし、着水してアジを操作しようと思ったら、早くも根ガカリ。


大型の切れ藻に引っかかったと思い、強引に回収していたら、猛烈な逆噴射


たまたま、回遊してきた個体の目の前にポトリと落ちた感じ。



竿で聞くと、まぁまぁのデカさ。


1.8キロぐらいはありそうな感じで、丁寧にいなすも、なかなか抵抗し、寄ってこない。


やり取りが3~4分続いて、完食される可能性が出てきたんで、ある程度強引に寄せてきて、

ライン角度30度くらいしかなかったけど、沖掛けにすることに。


ヤエン投入後、ある程度寄せてきて、ヤエンが火星人に到達したのが分かったんで、


ドラグフルロックのうえ、竿とラインと火星人が一直線になる位置から、餌を奪い返す感じで大アワセ


結構な重量感と逆噴射があったものの、沖掛けで針掛かりしてない可能性があったんで、さらに、追いアワセ


なかなか浮いてこず、30メートルくらい先でやっと海面に姿を現した。



慎重にランディングすると、意外にデカイ



IMG_0986_convert_20190502061948.jpg

2,360gの♂ゲット。


IMG_0988_convert_20190502062043.jpg


今シーズンの記録更新やな。 (といっても、3回しか釣行できてないけど・・・

アオカツのエントリーも、こいつに差し替えするとしよう。








その後、13時まで粘るも、アタリは一向になし。



令和元年の貴重な初アタリを捉えることができてヨカッタ。


あれがなければ、悲惨なスタートになってたかも。










令和の時代も、健康で楽しく釣りができますように!





春のパトロール

ブログを読み返してみると、今年は1月にパトロールに行ったっきり、

春の沿岸警備には全く参加できていないことに気が付いた。


周りの情報では、今年は三重はアタリ年との事前情報があるも、

ワシが行くとその日はたまたま潮が悪かったり、

狂風で釣りにならないなどの「釣り場あるある」ばっかりで、行けるときに行こうとしてた。







そんなことしてたら、シーズン終わっちまうでねぇかと、はたと気づき、

やっと行けたのが、おとといの話・・・・。







確かに、沖のエギング船では、今年は異常事態と言えるほど、

この時期に、2キロオーバーのモンスターが連日、

3キロオーバーもバカスカあがっている。


それが、3年ほど前に三重にフラッとやってきた南方系のアカイカ系火星人ではなく、

シロイカ系火星人なんで、シロイカ系でここまでデカい個体が揃うのはめったにない。



後は、釣るだけ。・・・それが一番の問題やけど







で、早速、アジを15匹買い込み、いつもの通り、深夜の下道でチンタラ走ってたところ、


カーブを曲がるたびに、ジョビジョビと、アジバッカンから海水が漏れている音に気付く。



確認すると、なんと、バッカンが破れて、海水がほとんどこぼれてるやんけ~。


考えてみると、11年使ったバッカンなんで、寿命やったのかな?


でも、破れだすと、ものの簡単に手で裂ける位もろい・・・。


大丈夫か、ダイワの活かしバッカン・・・。

EVA製ではないのか???日焼けの経年劣化のせい・・・???


とりあえず、アジと残った海水はすべてクーラーに移して現地までなんとか移送。




現地到着後、昨晩から入っているという、お隣のオヤジに挨拶すると、


「アタリなんていっこもあらしまへんがな・・・」


滋賀から、泊りがけで来てるらしい。





一抹の不安を抱きつつ、気を取り直して、第1投。


朝マズメに備えて、エギングも開始。





しかし、アタリも何もなく、朝マズメ終了・・・。




隣の滋賀オヤジに聞くと、アタリは昨夕のマズメ1回のみとのこと。



まさか、やっぱり「釣り場あるある」か・・・










と思ってた、8時頃、ヤエンに侵入警報発生!!



小さいものの、なんとかボーズ逃れの1匹捕獲。

400g程度か。




その後、テトラでやってたエギングのニーヤンが1.5キロを上げる。



エギンガーも入れ替わりで、かれこれ10名は首をかしげて帰ってったけど、

このニーヤンは暗いうちから粘ってた。釣れてよかったね。



その辛抱強いニーヤンも、とうとう帰った後の12時頃。

テトラにピトン打ち込んでたヤエンから侵入警報着信



まずまずの大きさで、ランディング時に藻が絡み、藻ごとギャフでからめとったんで、推定3キロの重さ(3キロ釣ったことないですけど)。

ランディング後、計測すると、980g。

アオカツエントリーにアップするか微妙なサイズ。





その後、同サイズを1匹追加。






隣の滋賀オヤジは、2610gのミラクルを15時頃捕獲。


日付が変わってから、唯一のアタリが2610gって、このオヤジ持ってるのか持ってないのか・・・。


オヤジさんは気をよくして、しばらくしてご帰還なされた。




結局、3アタリの3杯ゲット。


IMG_0972_convert_20190429151012.jpg


一番デカかった奴がこいつ。

IMG_0974_convert_20190429151107.jpg

これでも980g

IMG_0975_convert_20190429151129.jpg



アタリの数だけ獲れたけど、5メートル横で2610gを上げられたんで、ちょっと複雑・・・。




また、GW中にリベンジすることにしよう。


IMG_0971_convert_20190429151032.jpg












平成24年12月27日より
プロフィール

伊賀もん

Author:伊賀もん
アオリイカ釣り、魚釣り、酒、マラソン、モータースポーツが大好き。
平日より休日が忙しい日々です。
アオリイカのエギングは1997年から、ヤエンは2008年から。
マラソンは2011年秋から始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
1152位
アクセスランキングを見る>>
「ポチッ!」と押せばあなたも大漁↓↓↓

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
三重県-尾鷲
提供:釣り情報フィッシングラボ
このページのトップへ